きょうも、いいネコに出会えた―ニッポンの猫写真集

きょうも、いいネコに出会えた―ニッポンの猫写真集きょうも、いいネコに出会えた―ニッポンの猫写真集
(2002/11)
岩合 光昭
価格:¥ 1,890 (税込) 国内配送料無料
ニッポンの猫写真集 - 商品詳細を見る

ニッポンの猫写真集の決定版。岩合光昭への100の質問付き。

【商品の説明】
雑誌『猫びより』で連載中の「岩合光昭の猫」がいよいよ写真集に。野生動物を求めて世界を駆ける動物写真の第一人者のもうひとつのライフワーク「ニッポンの猫」の写真集。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
岩合 光昭
1950年東京生まれ。北極圏から南極圏まで世界各地を取材し、野生動物の姿を中心に大自然と生命のつながりをテーマとした撮影を続けている。国内外の各地で暮らす猫の姿も精力的に撮影、猫に関する作品も数多く発表している

【目次】
 ・金沢(石川県) ・田代島・網地島(宮城県) ・備前(岡山県) ・佐渡(新潟県) ・川越(埼玉県) ・小樽・積丹半島(北海道)
 ・名古屋(愛知県) ・四国・松山(愛媛県) ・鎌倉(神奈川県) ・弘前(青森県) ・新潟(新潟県) ・岩合光昭への100の質問

【登録情報】
# 大型本: 95ページ
# 出版社: 日本出版社 (2002/11)
# ISBN-10: 4890486623
# ISBN-13: 978-4890486625
# 発売日: 2002/11
# 商品の寸法: 29.4 x 20.8 x 1.6 cm

*【カスタマーレビュー】
読者口コミ評価・感想猫好きが待っていた待望の岩合ネコワールド
さすが、岩合さんのネコワールド。巻頭のアップ写真から、それぞれの地域の扉写真の素晴らしいこと。いきいきとした、自由で気ままなネコの世界が繰り広げられている。最近は世界中の野生動物の撮影が多く、もうネコは撮らないのかと思っていたら、「猫びより」という雑誌に連載中とのこと。嬉しい限りである。可愛いだけのネコ写真や特殊撮影のネコ写真が多い中、それぞれの地域で自由にたくましく生きているネコに出会えてとても感激している。しかも、この写真集には「岩合光昭への100の質問」というおまけつき。撮りたくない動物は?と聞かれて、さて、答えは?

読者口コミ評価・感想豊かな表情の猫たち
この本の猫たちはとっても豊かな表情ですね。まるで、猫たちの会話まで聞こえてくるような気がします。猫どうしばかりでなく、人との関わりもさりげなく撮られているのも気に入っています。ただ、繰り返し眺めているだけでも、こころが癒される一冊です。

読者口コミ評価・感想岩合さんの写真は猫達への愛を感じる
飼い猫、外猫いずれの猫たちも物語を感じさせられます。わたしのお気に入りは雪の風景に居る猫です。私の住んでいる所は積雪なんて体験できないので、雪深い地方の猫の写真は珍しくて、興味深く見せてもらいました。雪上の猫って鼻がピンクでとても愛らしい。でも猫は寒くて仕方ないのでしょうね。

気になるねこの本
 ┗ 君はぼくの声になる
 ┗ 両手のない猫、チビタ
 ┗ 余命4ケ月のダビデ
 ┗ うにの秘密基地
 ┗ ねこブログ
 ┗ くるねこ
 ┗ ちいさなチカラ
 ┗ ウチのハナちゃん
 ┗ のらねこ。
 ┗ nekopunch tv books ヨレのニャンタマ通信
 ┗ きょうも、いいネコに出会えた [写真集]
 ┗ Dear,こげんた―この子猫を知っていますか?
 ┗ ペットたちは死後も生きている
 ┗ ミーのいない朝

トラックバック
トラックバックURLはこちら