すべてがわかる妊娠と出産の本

すべてがわかる妊娠と出産の本すべてがわかる妊娠と出産の本
(2004/10/15)
ハイディ マーコフサンディ ハザウェイ
価格:¥ 2,520 (税込) 国内配送料無料
すべてがわかる妊娠と出産の本 - 商品詳細を見る

妊娠期間中に起こりうるできごとを月ごとに完全網羅。最新の医学情報で母子の健康を強力サポート。女性の視点に立って、人に聞けない不安や疑問に対応した、妊娠・出産百科の決定版。日本人にも解りやすい充実の内容。

【商品の説明】
この1冊で、妊娠・出産に関わるすべての医学的不安に答えます!
アメリカの家庭に、かならず1冊置いてあるベストセラー妊娠・出産マニュアルの日本語版。見どころは何といってもきめ細やかな医療情報と、ほかの本にはない丁寧な解説。ささやかな疑問にもきちんと答え、自分の体と相談して、自分に合った出産をしたいと願っている女性たちをサポートします。

[担当編集者から]普段はとても冷静沈着、理知的な私の妊娠4カ月目に入った友達が顔を曇らせて、こう言いました。「私、このままお腹が大きくなり続けて、いつか破裂するんじゃないかって、怖くって・・・」。彼女は続けます。「私、妊娠してから、いかに自分の体について知らないことだらけかよくわかったよ。周囲に教えてくれる人もいないし・・・。本を読んでも『●●はやってはいけない』みたいなことばかり」。妊娠・出産についての本は数多くあるのに、私の不安を解消するような知識・情報はない--20年前のアメリカにも、そんな不安を抱えた一人の女性がいました。それが本書の著者の一人である、ハイディ・マーコフさんです。最初のお産を、不安と心配で楽しめなかったハイディさんは、陣痛の2時間前に、もっと女性の視点から妊娠・出産を解説した本を書こうと決意し、それを実現させたのでした。「自分の体の小さな変化でも、納得のいく説明がほしい。」「専門用語ではなく、ふつうの言葉で最新の医学知識を理解したい。」「妊娠中も楽しく普段どおりの生活を送る方法はないかしら?」・・・そんなハイディさんの理想を詰め込んだこの本は、口コミで評判を呼び、いまではアメリカの家庭にかならず1冊ある、とまで言われる大ベストセラーになりました。その日本語版が、この『すべてがわかる 妊娠と出産の本』なのです。

上記の友達のように、身体的な不安や日常生活の制限、厳しい体重管理等々で、妊娠生活を前向きに過ごせない女性に、ぜひ読んでもらいたい1冊です。また、妊婦の方だけでなく、ご主人やご両親等、周囲の方にもおすすめです。

【登録情報】
# 単行本: 480ページ
# 出版社: アスペクト (2004/10/15)
# ISBN-10: 4757210795
# ISBN-13: 978-4757210790
# 発売日: 2004/10/15
# 商品の寸法: 25.8 x 18.4 x 3.2 cm

*

【目次】
第1部 妊娠したと思ったら
 第  1章 妊娠したのかしら?
 第  2章 妊娠してからの不安
 第  3章 妊娠中の生活
 第  4章 妊娠中の食事
第2部 妊娠期間-受精から出産まで
 第  5章 妊娠1~2ヵ月
 第  6章 妊娠3ヵ月
 第  7章 妊娠4ヵ月
 第  8章 妊娠5ヵ月
 第  9章 妊娠6ヵ月
 第10章 妊娠7ヵ月
 第11章 妊娠8ヵ月
 第12章 妊娠9ヵ月
 第13章 妊娠10ヵ月
 第14章 陣痛と分娩
第3部 もう一つの大事な時期-産後
 第15章 産後1週間
 第16章 産後6週間
 第17章 父親だって妊娠中
第4部 健康上の問題が起こったら
 第18章 病気になったら
 第19章 慢性疾患への対処
 第20章 異常が起きたら
第5部 次の赤ちゃんのために
 第21章 次の妊娠へ向けて

【カスタマーレビュー】
利用者口コミ評価全ての妊婦さんとパートナーに読んでほしい
二人目の妊娠中に購入しました。表紙がカラフルで写真がいっぱいの近所の本屋で見かけるものとは内容が全く違います。一ヶ月ごとにかなりのボリュームがさいてあり,体調で気になることや不安なことは「こんな事はのっていないよなぁ」と思いながら開くと必ず書いてありました。便秘や痔といったありふれたトラブルだけでないマイナートラブルについても沢山記載されています。夫(パートナー)に対しても懇切丁寧なアドバイスがあります。何よりよかったのは,繰り返し「一般的にはこうだけど,そうじゃなくても異常ではない」「周囲の人に○○と言われるかもしれないけど気にしなくて良い」という文言が出てくるところです。何度目の妊娠でも妊娠中は不安や体調不良が多く,よりどころを求めてネットサーフィンをするのであればこの本一冊あれば充分です。妊娠中の全ての方に配布しても良い位の本です。

利用者口コミ評価すべての女性にお勧めです
妊娠,出産に関する本は数多くありますが,そのどれも同じような印象でした.妊娠した喜びにあふれ,希望に満ちた赤ちゃんとの生活のための10ヶ月.しかし現実は? 妊婦さん本人にとっては,不安や,心配事の連続ではないでしょうか? この本の著者,ハイディ・マーコフさんは医師でも助産師でもなく,自分の出産の際にこの本を書くことを思いたったとあります.その理由は“妊娠に関する本が役に立たず”,“ごく当たり前のことが一言も書かれていなかった”から.全米でベストセラーになったこの本には,月別の体の変化,妊娠中の検査,出産の方法などに加え,こんな心配があるかもしれませんというタイトルで,およそありとあらゆる不安の種についての,丁寧,的確ででかつ現実的なアドヴァイスが載っています.周囲への妊娠に伝え方から,妊娠中のマイナートラブル,夫の関係,産後うつ病について等々.そして次の妊娠に向けての準備で締めくくられています.私自身,現在妊娠9ヶ月ですが,この本に出会えたことを感謝するとともに,もっと早く読めてたらと正直思いました.妊娠,出産に関して必要にして十分な情報がすべて詰まっている一冊です.表紙のディック・ブルーナさんのイラストも,とても素敵です

利用者口コミ評価おすすめです
妊娠・出産本を数多く購入しましたが、この本はおすすめの一冊です。アメリカで妊娠出産本のバイブルといわれる"What to expect when you are expecting a abay"を購入しようと思って調べていたら、日本語訳が販売されていることを知りました。自然分娩信仰派や無痛分娩推奨派など、とても偏った観点から書いた本が多い中、とにかく、客観的観点から書かれているというのが気に入りました。3分診療ではなかなか病院で相談できない各月のマイナートラブルについて書いてあったり、病院で質問する前に基礎知識として十分な専門的な情報(出生前診断についてなど)もあり、とても情報豊富で充実した内容なので、おすすめです。他の妊娠・出産本はこの本と「はじめての妊娠・出産安心マタニティブック―お腹の赤ちゃんの成長が毎日わかる!」以外は購入する必要はなかったと思いました。

利用者口コミ評価読むとほっとする本
妊娠を機にいろいろと妊娠本を読みましたがこの本には、小さいことなんだけど本人にとっては気になることが丁寧に書かれていて、読むとほっとします。例えば、物忘れが激しくなってきた、おなかが大きくなって知らない人からさわられる、おなかから転んでしまったけどどうするといったことから、勿論病気や、食事等必要情報が月別にしっかり書いてあります。アメリカの著作ですが、日米の違いも考慮して加筆や削除も一部加えられており大変親切です。この本のおかげで不安な時期を乗り切れました。

利用者口コミ評価この1冊だけしか買っていません!
妊娠してからどうしても日本語で妊娠のことを詳しく学べる本が欲しくて、どうやらこの本がよさそう、、、ということで注文しました。初めての妊娠ってみんな不安がいっぱい、そしてこの情報化社会の中あふれるような情報量・・・。はっきり言って何を信じて良いのかわからなくなってしまいます。だから私はこの1冊だけを買って、暇があると眺めながら「ああ、そうそう、今こういう状態!」とか思いながら気を休めています。アメリカの本を翻訳されたものらしいですが、日本の産科医さんが監修していることもあってそのままの翻訳ではなく「日本での実態はこうです」ということも書かれています。あと2ヶ月、この本をしっかり見てお産の準備をします!

利用者口コミ評価妊娠してなくてもおもしろい!
たまたま新聞の広告でこの本を知りました。妹が妊娠したので、姉として役に立てることもないのでせめて本でも贈ろうと思い、早速購入し、妹に郵送しました。「妊娠に気づかずタバコをすっていました」「猫を飼っています」「足がむくむ」「便が出ない」などのちょっとした心配事への回答や、2ヶ月、3ヶ月、とおなかに赤ちゃんが入っている期間ごとに起こると予想されることが書いてあり、項目も多く、短くわかりやすいので、妊娠していない私も勉強になりました。大きくて厚い本ですが、妹はお産にために実家に戻るときも持っていってくれました。ほぼ毎日読んでくれたようです。私の友達にも、これから子供を作ろうとしている人がいるので、贈ります。(ちなみに妹は無事に出産を終えました。)

利用者口コミ評価妊娠バイブルです
図書館でたまたま見つけた、大好きなブルーナさんが表紙だったこの本。借りて読みましたが、中身はとてもよいもので、すぐ自分で購入しました。この本は本当にやさしい。妊娠中の小さな心配事に対してとても親切に、でもキチンと説明してあります。でもそれだけでなく、そうやって不安になること自体を決して否定せず、大丈夫だよ、そんなもんだよ、と言ってくれているような感じです。妊娠の本は他にも買いましたが、こんな本は他にはありません。妊娠中、疑問や不安になるたびに開いていました。他の方も書いていらっしゃいましたが、ニンプーさん一人一冊!とかなりオススメしたい本です。というわけで周りが妊娠するたびにプレゼントしています。

利用者口コミ評価楽しい妊娠生活が送れます
妊娠にともなって、何冊かこの手の本を読みました。必要以上に異常妊娠について書かれていたり、読むだけで不安になるようなものもありましたが、この本ではさらりと触れ、発生確率の低さまでしっかり書いてあって安心できました。「マタニティウェアは買いすぎないこと。どんな服が一番楽かはそのときにならないとわからない」なんて、著者が妊娠経験者だからこその記述もいっぱいです。ただ、あくまでもアメリカの住環境がベースなので、日本の実情については他の資料を用意する必要があります。

利用者口コミ評価一番読みやすい本コレだけ買えばよかった
いろいろな妊娠本を試し読みしたり、買って読んでみましたが、どの本も趣味の悪い絵が書いてあったり、たいして重要でもないカラー写真がデカデカと載っていたり・・・ページ数が増えて重くて読みにくいし本代だって高くなってしまうのに。文面だって不安がつのるような書き方をしている本もたくさんありました。なんでこんな本ばっかりなの???と思っていたところ、この本をたまたま見つけました。実際に手元に届いて読んでみると、すごく読みやすい語り口だし、絵も最低限だし(少ししかない絵もすごくかわいい!)その分聞きたいことがすごくたくさん説明されていて本当に!本当に!すばらしいです。ほかの本は買わずにコレ一冊だけ買えばよかったと後悔しています。

妊娠・出産 妊婦 産後
 ┗ 命のプレゼント 妊娠・出産の不思議
 ┗ 産婦人科医バミュの「小悪魔日記」
 ┗ 妊娠中 夫の浮気防止バイブル
 ┗ びっくり妊娠 なんとか出産
 ┗ 30代からの妊娠・出産BOOK―妊娠・出産・産後までしっかりサポート
 ┗ ナチュラルなお産―体と心にやさしい
 ┗ 産前・産後のからだ革命―安産とキレイの秘密
 ┗ 妊娠・出産の気がかり解決Q&A―妊娠判明前から産後の暮らしまで
 ┗ 妊娠・出産・育児の気がかり解消Q&A大事典 決定版
 ┗ はじめての妊娠・出産安心マタニティブック―お腹の赤ちゃんの成長が毎日わかる!
 ┗ シアーズ博士夫妻のマタニティブック
 ┗ はじめての妊娠・出産・育児―お母さんと赤ちゃんのための安心メッセージ
 ┗ すべてがわかる妊娠と出産の本

トラックバック
トラックバックURLはこちら